水中清掃

神奈川県 小田原港(27年41回目:通算370回目)

概況
0この活動はつり環境ビジョンの受託事業として行われました。

小田原港の海底清掃は今回が初めてとのことであったが、ビンやカン、その他釣り場でよく回収されるゴミはほとんど揚がらなかった。1週間ほど前の台風による波で、動くゴミは岸壁の下に入り込んでしまったものと思われる。今回多数回収されたのはエギ。海底の岩には移動を防止するためのロープが張られており、このロープに無数のエギが絡んでいた。1カ所で回収されたエギの数としては、過去の清掃で一番多かった。

作業日
平成 27年9月17日(木)
天候
作業場所
小田原港入口岸壁
作業時間
10:15~11:45
主催
(公財)日本釣振興会
協力
神奈川県西部漁港事務所、 小田原市漁業協同組合、 海をつくる会、 ドルフィンアイズダイビングスクール
作業スタッフ
ダイバー:8人/陸上手伝い:5人/監視船・搬送船:2人 合計:15人

回収ゴミ

飲料容器 空き缶 1本 空きビン 1本
合計2本
釣具 サオ 5本 リール 6個 サオ掛け 2個
エギ 660個 タコテンヤ 5個 テンビンオモリ 38個
リール用ハンドル 9個 コマセカゴ 39個 オモリ 23個
その他主なゴミ 護岸保護シート 1枚 メガネ 1個 電池 3個
ライター 2個 鉄管 3本
総重量 120キロ(陸上含む)(大まかな重量)

mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual