水中清掃

大阪北港マリーナ(28年1回目:通算389回)

概況
0この活動はつり環境ビジョンの受託事業として行われました。

今年の関西地区の水中清掃は、今回が初めてとなる「大阪北港マリーナ」でスタートとなった。
此処の港内は釣り禁止となっているが、釣り船は係留しており、又 渡船で行く港の波止では港内向きはだめだが外向きには釣りOKでこの日も数人の釣り人の姿が見えた。
水中作業場所は、水温13度前後、深さ1.5~4m、但し1m近いヘドロが堆積しているという場所であった。釣り具は無く、飲料容器とその他のゴミで、重量約80kgと、初めて行う場所としては、意外と少なかった。

作業日
平成28年4月16日(土)
天候
晴れ
作業場所
大阪市此花区常吉 「大阪北港マリーナ」
作業時間
9:00~12:00
主催
(公財) 日本釣振興会大阪府支部
協力
大阪北港マリーナ、(公社)日本レジャーダイビング協会、クラブドゥダイビングセンター
作業スタッフ
ダイバー:12名/陸上手伝い:18名/監視船・搬送船:1名 合計:31名

回収ゴミ

飲料容器 ペットボトル 14本 空き缶 10本 空きビン 6本
合計30本
その他主なゴミ タイヤ 1個 梯子(片側) 1個 とび口 1個
布製ポール入れ 1個 プラ片 14個 ハンガー 1本
絵本 1冊 その他
総重量 約80キロ(大まかな重量)

mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual