水中清掃

和歌山市田ノ浦漁港(28年28回目:通算416回)

概況
0この活動はつり環境ビジョンの受託事業として行われました。

概況

この日は天候も良く、日曜日とあって港内は親子連れの釣り人で賑わっていた。
清掃場所の水深は5m前後、水中での視界約2mと水中作業条件はまずまずであった。
此処での水中清掃は初めてであり、普段土、日は釣り人が多く来るという事で、多数の釣り具が揚がった。中でもサビキカゴ、釣り竿、まきえひしゃく等がいつもより多く収容された。
今回、昨年に続き和歌山市の後援を頂き(6名)、又釣愛好家仲間(親子連れ15名)等陸上応援に
多く参加して頂き効率よく作業が出来た。

作業日
平成28年9月11日(日)
天候
晴れ
作業場所
和歌山市田ノ浦漁港
作業時間
10:00~13:00
主催
(公財)日本釣振興会和歌山県支部
後援
和歌山市
協力
田ノ浦漁業協同組合、アオリネットファミリー(釣愛好家仲間)、(公社)日本レジャーダイビング協会、クラブドゥダイビングセンター
作業スタッフ
ダイバー:9名/陸上手伝い:24名/監視船・搬送船:2名 合計:35名

回収ゴミ

飲料容器 ペットボトル 37本 空き缶 349本 空きビン 22本
合計408本
釣具 竿 70 リール 6 コマセカゴ 600
ビニールバケツ 15 まきえひしゃく 44 エギ 10
オモリ 5 タモ網 1 竿ケース 1
タコテンヤ 15
その他主なゴミ レジャーイス 11 タイヤ 4 ベビーカー 1
梯子 1 ワイヤロープ 1 鉄棒 6
パイプ 4 携帯 5 シート 1
バーベキューセットの下 1 プラスチック片 100 バケツ 1
陶器 1 漁網 1 その他
トング 1
総重量 約350キロ(大まかな重量)

mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual