水中清掃

三重県尾鷲漁港(28年33回目:通算421回)

概況
0この活動はつり環境ビジョンの受託事業として行われました。

当港3回目となる今回の清掃は、天神浦堤防の外海側(延長約250m)を実施。水中清掃の前に県支部は朝から「水辺感謝の日」として漁港周辺の陸上清掃を行っていた。
水温23度、透明度も良く作業条件は良かったが、ゴミは釣り具主体ではあったが少なかった。
同時に沖釣場所である桃頭島で海底ゴミの調査をしたが、ゴミは殆ど無かったとの事であった。
またこの日は、元プロ野球選手(西武、中日)で2千本安打を達成し昨年引退した和田一浩氏が陸上班として参加、報道陣もたくさん駆けつけ、大いに盛り上がった清掃であった。

作業日
平成28年10月19日(水)
天候
曇り
作業場所
三重県尾鷲市尾鷲漁港
作業時間
12:00~15:00
主催
(公財)日本釣振興会 三重県支部
協力
尾鷲漁業協同組合、(公社)日本レジャーダイビング協会、クラブドウダイビングセンター、サンマーレ
作業スタッフ
ダイバー:14名/陸上手伝い:16名/監視船・搬送船:5名 合計:35名

回収ゴミ

飲料容器 ペットボトル 0本 空き缶 15本 空きビン 11本
合計26本
釣具 竿 15 サオ掛け 21 リール 3
エギ 14 タコテンヤ 18 ジグ 8
テンビン 13 サビキカゴ 68 撒き餌杓 3
トング 4 ビニールバケツ 1 針外し 1
その他主なゴミ イス 4 メガネ 2 アンカー 1
ロープ 1 乾電池 4 携帯 1
ハンドル 1 ナイフ 1 その他
総重量 約100キロ(大まかな重量)

mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual