水中清掃

淡路交流の翼港(28年42回目:通算430回)

概況

今回、西日本地区では今年最後の水中清掃であった。
水温15度程とさすがにこの季節になると低かったが、透明度は良く、港内の為、波や潮の流れもなく、水中作業条件はまずまずだった。陸上もこの季節にしては穏やかな天候で助かった。
ゴミは飲料容器、釣り具、その他等万遍無く収容され、当場所3回目であるが、思ったより様々なゴミが収容された。

作業日
平成28年12月17日(土)
天候
晴れ
作業場所
兵庫県淡路交流の翼港
作業時間
13:00~16:00
主催
(公財)日本釣振興会兵庫県支部
協力
(株)夢舞台、淡路岩屋漁業協同組合、(公社)日本レジャーダイビング協会、クラブドウダイビングセンター、トライブダイビングスクール
作業スタッフ
ダイバー:19名/陸上手伝い:12名/監視船・搬送船:1名 合計:32名

回収ゴミ

飲料容器 ペットボトル 70本 空き缶 60本 空きビン 17本
合計147本
釣具 竿 13 リール 7 サビキカゴ 382
コマセヒシャク 3 竿掛け 1 タモ 3
タコベイト 5 オモリ 6 エギ 3
ビニールバケツ 41 トング 1
その他主なゴミ タイヤ 2 タコツボ 6 自転車のタイヤ
網カゴ 3 網 4 ビニールシート 1
鉄製タガ 鉄の鎖 缶 1
陶器 1 携帯 1 ライター 2
フィルム片 80 その他
総重量 約230キロ(大まかな重量)

mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual