水中清掃

山口県5月24日・山口県山口県大島郡周防大島町外入漁港(30年6回目:通算474回目)

概況

11時半の干潮前後に海中のゴミを回収。ダイバーが2名であった為作業はなかなか捗らず、また時間とともにヘドロによって透明度が落ち、水中での作業が困難であった。海底には空き缶、ビンなどが多く残っていたが、安全を考え時間通りで終了した。陸上班は多数のゴミを回収することができた。ゴミの分別の際は海底の汚泥や悪臭で苦労した。
現場の堤防では多数の若い釣り人がいたので、ゴミの持ち帰りと駐車マナーを守り、地域住民や漁業者に迷惑をかけないよう声かけしたところ、快く賛同してくれた。マナーの悪い釣り人はごく一部だと思うが、これ以上トラブルで漁港が閉鎖されることないようにしたい。
ゴミは町で処分していただいた。

作業日
30年5月24日(木)
天候
晴れ
作業場所
山口県大島郡周防大島町外入漁港
作業時間
10:30~14:00
主催
(公財)日本釣振興会山口県支部
協力
周防大島町役場
作業スタッフ
ダイバー:2名/陸上手伝い:4名/監視船・搬送船:4艇 合計:10名

回収ゴミ

飲料容器 ペットボトル 200本 空き缶 400本 空きビン 80本
合計680本
釣具 釣竿 3 布バケツ 4
その他主なゴミ タイヤ 4本 座椅子 3脚 カキパイプ 80kg
ステンレス製物干し竿 網戸 2枚 プラ箱
プラスチックゴミ 50kg
総重量 約200キロ(大まかな重量)
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual