水中清掃

和歌山県 戸津井漁港 (27年52回目:通算381回目)

概況
0この活動はつり環境ビジョンの受託事業として行われました。

当漁港の清掃は今回が初めて。港内には2本の波止があり、今回は外側の波止の周辺の清掃を行った。朝方から降ったりやんだりの天気は作業開始の頃は晴れ間もあったのだが、終盤は強い吹き降りとなり、陸上作業は(特に集計時)やり難かった。

当場所は休日には釣り人がたくさん来るという事で、ゴミは釣り具や釣り人が落としたと思われる物と漁師さんが落としたと思われる物等万遍無く収容された。船の係留の多い場所を担当していたダイバーの話しでは、ゴミが結構多いので収容しきれなかったとの事で、場所により差が有った模様。

作業日
平成 27年11月8日(日)
天候
作業場所
和歌山県戸津井漁港
作業時間
12:30~15:00
主催
公益財団法人 日本釣振興会和歌山支部
協力
紀州日高漁業協同組合戸津井支所、白崎海洋公園、(公社)日本レジャーダイビング協会、クラブドゥダイビングセンター、ヘッドスラップ
作業スタッフ
ダイバー:15名/陸上手伝い:5名/監視船・搬送船:1名 合計:21名

回収ゴミ

飲料容器 ペットボトル 5本 空き缶 102本 空きビン 52本
合計159本
釣具 竿 22本 リール 3個 サビキカゴ 46個
エギ 14個 タコテンヤ 5個 撒き餌杓 12個
ビニールバケツ 10個
その他主なゴミ タイヤ 5個 バッテリー 2個 イス 7個
コンテナカゴ 1個 パラソル 1個 イケスカゴ 1個
ロープ 15本 ゴム板 2個  乾電池 3個
ビニールシート 2枚 針金 1個 鋏 1個
その他
総重量 250キロ(大まかな重量)

mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual