ニュース・イベント・お知らせ

和歌山県4月13日・和歌山県和歌山県串本沖でのアオリイカ産卵床設置

毎年串本沖に設置しているアオリイカの産卵床を、今年も串本ダイビング事業組合との共催で4月13日に設置しました。前日の12日は組合傘下の9社から11名が参加し、産卵床となる軽トラ6台分の木の枝と土嚢(20キロ入りを30袋)を用意しました。13日はダイバー11名を含む15名が参加し3隻の船に木の枝と土嚢を積んで設置場所に向かい、約50分で4か所に産卵床を投入して11時30分作業を終了しました。昨年は設置した産卵床でたくさんの産卵、孵化が見られ大成功でしたので、今年も期待しています。

※写真提供:マリンステージ串本

mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual
mainvisual